長期優良住宅

概要

『長期優良住宅』とは

『長期優良住宅』とは、長期にわたって良好な状態で使用するための措置が講じられた優良な住宅で、厳しい審査基準をクリアすることで認定される優良な住宅のことです。

長期優良住宅の普及に関する法律。平成21年6月4日に施行され、建築および維持保全に関する計画を認定する制度が創設されました。


これからの時代「つくっては壊す住宅」使い捨ての住宅から「いいものをつくって、きちんと手入れして、長く大切に使う住宅」が求められています。また、住宅を長期にわたり使用することで廃棄物を抑え環境負担へ配慮しつつ、建替えに関わる費用を抑えることで個人の住宅に対する負担を軽減し、良質な住宅ストックを将来世代へ継承することで、より豊かでやさしい暮らしへの転換を図ることを目的としています。

また、日本人の寿命が世界一なのに対し、日本の家屋の寿命はおよそ30年と世界的に見ても短いため、将来のことを考え長く良好な状態で使用できる長期優良住宅に注目される方が増えています。


長期優良住宅=長持ちするいい家 認定の種類と条件

長期優良住宅の普及を目指し、国が定めた基準をクリアしているかどうか認定し『お墨付き』を与えます。

1.耐久性 (長持ちする家):劣化対策等級最高等級3
2.耐震性 (地震に強い家):耐震等級等級2以上
3.メンテナンス性 (メンテナンスのしやすい家):維持管理対策等級最高等級3
4.省エネルギー性 (省エネな家):省エネルギー等級最高等級4
5.住戸面積 (暮らしやすい広さを確保した住宅)
6.居住環境 (地域の街並みに配慮した家)
7.維持保全 (「住まいの履歴書」付きの、長く快適に住み続けられる家)

長期優良住宅は建物の「安心」「安全」とともに税制優遇の特例や、住宅ローンの優遇など、
メリットがたくさんありますので長期優良住宅に対応している工務店を選ぶべきでしょう。

詳しくはお問い合わせください


資金計画と保証