スタッフ紹介|現場監督

氏名 大谷 史明
Fumiaki Ohtani
血液型 O型

資格・経験

二級建築士

趣味

サッカー(ここ2,3年はほとんど行けてませんが…)

特徴

基本的におとなしい
自分の興味のあるものに対しては、徹底的に調べるタイプ
責任感はあるほうだと思われる
子供には甘いかも…

座右の銘

自分の人生は全ての人の支えで出来ている

家を建てる中での忘れられないエピソード

家を建てる前の段階での構造体のチェック(プレカットチェック)を遠方でした時に、その際思い描いていた納まりが、実際現場での最終段階で、ピッタリ納まった時の快感は忘れられないです。

お客様へのメッセージ

家は「商品」でも建築家でいう「作品」でもありません。
住まれるお施主様が毎日の始まりと終わりを迎える場所であるので、居心地のいい最高の癒しの場であるべきだと思います。
お施主様の想いから始まり、完成時にはご満足頂けることが大前提です。
そういう「夢」や「想い」を後悔のないように「ご満足」という幸せな気持ちに変えることが私達の使命であると思っております。

好きなこと

愛車でドライブ

好きな音楽

邦楽・洋楽全般(特にロック・ハードロック系)
最近は、ジャズに興味あり。

好きな食べ物

甘いもの全般、桃、神戸 トミーズの「あん食」、沢庵(3年もの)、高知 明神丸の「藁焼きたたき」など

休日の過ごし方

最近は息子と家でゴロゴロ、たまには家族サービス

この会社(業界)に入ったころの思い出

この業界に入った頃は、右も左も分からない状態だったので色々と怒られたことも多々ありました。自分で物事を調べたり、職人さんに直接聞いたり… 夜遅くまでそんなことをしていました。
そんな大変なことも今はいい経験になったと思います。
桝田工務店にきてからもそのスタンスはきっと変わらないと思います。
建築は絶えず新しいものが出てくるので、常に勉強の日々ですね。

「この仕事をしてて良かった」と思う瞬間は?

自分が携わったお家が完成した時に感じる達成感と、
引渡しの時にお施主様が喜んでくれた時の笑顔を見れた時

社内で「これをやらせたら右に出るものはない」こと

自分ではあまり意識していないですが、しいて言うなら「人との接し方」でしょうか、なぜか頼られるというか、人がまわりに寄ってくるというか。

尊敬する人

なんだかんだで父親でしょうか。

これからやってみたいこと

もっとたくさんの方に桝田工務店の「家」を提供して、もっとたくさんの方に喜んで頂きたいのと、まだ自分が経験したことのないお家を手掛けて、完成した時の達成感を味わってみたいというのが本音です。
お施主様の為にも自分の為にも満足して頂けるよう頑張っていきます!