資金計画・住宅ローン相談

『住宅購入すると生活が今よりも苦しくなる?!
住宅ローン返済がはじまると旅行にしばらく行けないだろう』
『マイホームを購入して、子供の教育資金は大丈夫なんだろうか・・・』
『住宅ローンを組んだら今よりもっと貯蓄ができなくなるんじゃないの?』

これらは、全て「マイホームは欲しい」でも、
「住宅購入したら」「生活が苦しくなる」
ほぼ断定的に考えている方々の口から発せられる言葉なのです。


皆さんは如何ですか?やはり、このように「資金不安」を抱えていますか?
結論から申し上げましょう。

もし、「住宅購入=住宅ローンを組む」事で「生活が苦しくなる」事に繋がったとしたら、それは「住宅購入」したことが「問題=原因」なのではなく「住宅ローン」の「組み方」そのものに問題があった、そうに違いないのです。

今や、日本ではさまざまな「住宅ローン」が取り扱われています。その数は何と4,800種類にものぼると言われています。そんな中から、マイホーム購入に際して契約する「住宅ローン」はせいぜい一種類です。

4,800分の一。一種類ずつ調べていっても数十年かかりそうです。この住宅ローンの種類にも増して、「自己資金」の「ある」「なし」、もっといえば「土地」の「ある」「なし」。これらの「個人情報」によっても「住宅ローン」の「選択肢」は大きく違ってきます。

もちろん、「住宅ローン」「金利」が「上昇傾向」にあるのか?「下降傾向」にあるのか?これによって、「住宅ローン」の「選択肢」は大きく変わってしまいます。

要するに、何が言いたいのか?「住宅ローン」は「プロ」の領域だということです。

「固有」の「金融機関」ありきで決めるものでもなければ「金利」の「高」「低」で決めるものでもない。
「住宅ローン」を「組む」「個人」の「個別事情」を勘案し「自分にとっての」「一番」を導き出すべきなのです。

「人生で最も高い買い物」は「家」だ、という人が多いのが現実です。
しかし、「人生で最も高い買い物」は「住宅ローン」です。
つまり、「住宅購入」とは「人生で最も高い買い物」である「住宅ローン」と
「人生で2番目に高い買い物」である「家」、この2つを同時にするわけです。

工務店として、ここをおざなりにする訳には行かない、そう考えました。だからこそ、工務店としてできうる限りのサポートをしてゆかなければ、と考えました。「資金計画」には「自信」があります。

まずは、「正しい」「資金計画」の考え方、「勉強会」に参加してみてください。今まで持っていた概念が大きく覆る、大きな意味を得ていただけると思います。

「資金計画」には「自信」があります。
資金計画に関するお問い合わせはこちら
資金計画の勉強会を開催しております。お気軽にお問い合わせ下さい。


資金計画と保証