住宅再生(リフォーム・耐震補強など)

大阪でリフォームをするなら桝田工務店
失敗のないリフォームとは、見据える先を何年後におくかが大切です。

リフォームと言えば、お風呂をユニットバスに入れ替えたり、キッチンをシステムキッチンに入れ替えたりする水廻りのリフォームや、外壁の塗替え、構造等の補強を目的にしたリフォーム、外装のデザインや内装のデザイン、収納の変更、イメージ変更に伴うリフォーム等、リフォームという言葉一つをとっても様々な種類があります。
私共は軽微な工事から本格的な構造の補強工事まで、幅広く手がけております。
近年、私共のところに来られる相談で一番多いのは、今後の地震等に備えた耐震補強です。
一般的なリフォームであればどこの会社に依頼しても差はでにくいものです。
しかし、本格的な耐震補強の場合は、施工会社によっては、構造補強方法や、その他の提案も、かなり違いがあります。
耐震補強には私共は、非常に自身を持っております。
他社で補強について断られた物件や、不安を感じられる事等あれば何でも御相談ください。
リフォームというのは、古い家であればあるほど、目的をもって工事しないといくらでも費用がかかります。
よくお聞きするのが、「リフォームこれで×回目なの、こんなに何回もリフォームするんだったら、新築した方が良かったわ。」という言葉はよく聞きます。
リフォームは大規模になればなるほど、その家でお住まいの方の将来的な生活のスタイルや、家族構成を考えなければ、先々後悔をしてしまう事になりかねません。
私共は将来的なお施主様の家族構成、生活スタイル等を聞き取り、将来を考えたリフォームの提案を致します。
また補強工事は、補強方法一つをとっても、非常に多くの種類があります。
しっかりした補強をせずに高額な費用をとられ、お住まいの方だけが「補強をしたので、安心」と思っている場合も多く、どんな補強をしたかもほとんど知らない方が多いようです。
補強工事はその家その家で、御提案する工法も違います。
私共は数多くある、補強方法の中で「耐震」という考えだけでなく、リフォームであっても「制震」という考えも取り入れた、低額でできる補強、また基礎からのやり替え、新築と変わらない耐震性をもたせる、本格的な耐震補強等、お住まいになられている環境や家の状態により、的確な補強方法を提案いたします。
また、特に補強工事等は下請け、孫請け等お施主様と打ち合わせをしている人から実際に工事を請け負う業者の関係が遠くなればなるほど、不安を感じるものです。
弊社は新築、リフォーム問わず、工事を下請け等に丸投げせず、直施工で工事及び工事管理をするというシステムにより、お施主様には、より一層ご安心していただけるように心掛けております。
新築、リフォーム問わず100%+αの満足感を感じていただき、お引渡しをする事が桝田工務店の信念であります。