健康と無垢材へのこだわり

家づくりの時にメリットとデメリットを知ることが
失敗のない、後悔のない家づくりの秘訣

どんな材料にもメリットとデメリットがある

私たちがご提案する家はハウスメーカーのような規格の家ではありません。
その中で無垢材や自然素材をご提案することも多いのです。
私たちも無垢材にはこだわりがあり、非常に好きな材料でもあります。
しかし全ての人に無垢材や自然素材が適しているとは思いません。

例えばお手入れやメンテナンスが楽な家をご希望されている方に、一般的に自然素材の家でよく使用される杉などをご提案することは逆の提案になります。
杉は非常に柔らかく傷つきやすく、小さなお子様がいるご家庭では、いろいろな物を落としたりこぼしたりした時にシミになったり、すぐにへこみ傷などができてしまいます。
もちろん杉にも良い所はたくさんありますが、お手入れを一番重視する人には的外れの提案になります。

そして無垢材と一言で言っても様々な木の種類によって特徴が違います。

自然素材の家を専門に建てている会社を見た時、その会社の床などの仕様は決まっていて、営業マンはその会社の仕様をおすすめし、提案します。

私たちは、自然素材の家を造る時にお住まいになる方の希望や想いによって多くの素材の中からご提案する材料を変えていきます。

そして、それぞれのメリットとデメリットをできるだけわかりやすくお伝えしていきます。

自然素材の家と言えば塗り壁材もよく使われることが多いのですが、これらも非常に多くの塗り壁材の中でそれぞれ特徴に違いがあります。
ペットを飼っていて消臭を重視したい人と、結露防止などを気にされる方で調湿効果を重視する人では、ご提案する塗り壁材なども違ってきたりするのです。また、触れると洋服が汚れてしまう塗り壁材も多いので、意外に家を建ててから気づいて失敗してしまいます。

自然素材の家に限らず家を建てていく中で、いろいろな会社がいろいろな断熱材や仕上げ材等をご提案すると思いますが、どんな材料にもメリットとデメリットがあるという事を、皆さんの知識として頭に入れておくことが失敗のない、後悔のない家づくりをする上で最も重要な事だと考えています。

このような幅広いご提案をしていく為に私たちは営業マンを一切おかず全て設計士が最初から最後まで一貫した家づくり提案をしているのです。

目的によって使用する塗り壁材を選ぶ

近年自然素材を使った健康住宅というものをよく耳にするようになりました。
私も自然素材である珪藻土等の塗り壁や無垢の床材等、個人的には非常に好きです。

しかし、全ての人にこれらが適しているかというと、そうでは無いと思っています。
なぜか?それは自然素材というものにもメリットとデメリットが存在するからです。
私は自然素材に限らず、どんな物でもメリットとデメリットはあると思っています。

メリットで選ぶかデメリットで避けるかだと思っています。

そして塗り壁材の中にも、自然素材が好きで家づくりをする人であれば、選んではいけない物と選んで良い物とがあります。

塗り壁材の珪藻土という壁一つをとっても、様々あります。
含まれている珪藻土の割合が5%でほとんどが樹脂の混ざったものと、珪藻土が50%含まれ、残りの成分も天然素材を使われているものでは、健康住宅という視点で考えた時にあなたならどちらを選びますか?
当然、珪藻土量の多い方が室内の湿気などの吸放出量も大きいわけです。
「私の家の壁は吸放出する壁だ」と思い込んでいるが、実際はたいして吸放出していない、悲しい家になってしまう場合も多く見られます。

塗り壁を選ぶなら、まずあなたが何を目的に塗り壁にしたいかを明確にした方が後々後悔しないでしょう。

デザイン性なのか?
吸放出性なのか?
メンテナンス性なのか?
消臭目的なのか?

それぞれ目的によって選ぶ塗り壁材が違ってくるという事です。

例えば、一般のビニールクロスに比べ、塗り壁の方が価格的には高くなってしまうわけです。皆さんの目的によって使用する塗り壁材を選んでください。

無垢材のメリットとデメリットを知る

床材等においても、無垢の床は暖かいと表現される場合もありますが、間違ってはいけないのが、無垢の床がぽかぽかと床暖房のように暖かいものではないということです。
ヒヤッとした感じが少ないと言う表現の方が正しいでしょう。やわらかい木の床はヒヤッとした感じが少ない。逆に硬い木は一般の合板のフローリングと比べても大きく変わらないということも多いのです。
最近の住宅雑誌等でも、無垢のフローリングにすると暖かいと書かれていたりしますが、そこの理解を間違うと家を建てた後で後悔してしまう事もありますので注意してください。

しかしこれも、木の樹種によって感じ方はまったく違います。

こういった自然素材で家づくりをしたいという方は一度ご相談ください。
こだわりのある自然素材の家についても、自信を持ってご提案させていただきます。

無垢材とは言っても、中にはインターネットなどで粗悪な物も出てきており、クレーム等に対して全く対応すらしてもらえない業者も多いのです。

確かに無垢の場合、フローリング一つを取り上げても隙間が出たり、そりやむくれ、割れなど、無垢であるからこそ起きやすい事というものがあります。

こういった事をまったく知らずに、無垢はいいですよ!と言う営業マンの言葉だけで選んでしまうのは危険性を秘めています。

内装及び外装などにおいても、無垢材を使用する場合にはそのメリットとデメリットを知った上で使用するかしないかを決めていただくことが非常に大切な事と言えるでしょう。

私も無垢材は非常に好きですから、多くの人に無垢で家づくりをしていただきたい思いはあるのですが、全ての人に無垢材がおすすめかというとそうではないと思います。

メンテナンスの手間がかからない方が良いという方には無垢材はすすめません。
無垢材に私もこだわってはいますが、皆様に無垢材を押し付ける気持ちは全くありません。

無垢材の良いところをよく知り、悪いところもよく知り、その上で本当に気に入った人だけが使えばいいと思っております。

無垢材にも多くの樹種があり、樹種によって特徴もそれぞれ異なります。無垢材にご興味のある方は是非ご相談ください。

外壁などにおきましても、大阪の準防火地域でも使える耐火性のある木の外壁などもよく使用しています。
無垢材を使い木の香りを感じていただき、経年変化を楽しみ、いつまでも帰りたいと思える自分だけの住宅を造り上げてください。



素材へのこだわり