狭小地で快適に暮らすために

大阪という町の土地事情を考えると、大きな土地を購入して家を建てる人というのは非常に少なく、大きな土地を買えれば買えるにこした事はありませんが、私は無理をして高い土地を購入して家を建てるのには反対です。
なぜかと言うと、家を建てたら人生終わりではないからです。
家を建ててからの人生の方が長いかもしれません。
家を建ててからの方が教育資金や老後の資金等の支出が多いかもしれません。
こういう状況の中で高額な無理のある家を建てることはお勧めできません。
ほとんどの人が住宅ローンを利用されますが、住宅ローンを払うだけの人生は嫌ですよね。マイホームを手に入れながらも、趣味や旅行や外食などは少しぐらいゆとりを持った生活をしたくないでしょうか。
そう考えると大阪の土地は非常に高い所が多いため土地の大きさを最小限で購入し家を建てるという考え方もできるのではないでしょうか。

ただし大阪では住宅密集地が多い為、狭小地や住宅密集地で本当に快適に暮らせるのかという不安をもたれると思います。
私たちには大阪市内の阿倍野区と言うエリアを中心にお仕事をさせていただく事が多いのですが、ほぼ99%が住宅密集地での設計になりますので、まわりの環境がどんな悪条件(3階建てや4階建ての建物に囲まれている、旗竿地等)でも快適に暮らせる工夫を常に設計の中で取り入れており、多くのお客様から「こんなに明るく快適になるとは思わなかった」という声をいただいております。
ですから弊社では営業マン0で、営業マンという人を置かず全て設計士が対応いたします。

狭小地や住宅密集地で快適に暮らすために、今までの経験や実績から様々なご提案を机上論ではなく実績をベースにお話をさせていただいております。
今までに建てた家の中には、建物間口が2.4mの家や6.5坪の家、極!狭小地に建つ家を数多く建ててきましたが、そういったお家のお客様も快適に暮らしておられます。
私はどんな悪条件の土地でも快適に暮らすことはできると思っています。
そこにデザインというものをプラスし、おしゃれで快適な空間を大阪の狭小地や住宅密集地で実現いたします。

詳しくは、狭小地や住宅密集地に建てる時に役立つ 専用のホームページ をご用意しておりますので、そちらをご覧ください。

狭小地に建つ空間に楽しさを感じる家。大阪で注文住宅を建てるなら桝田工務店