代表 桝田佳正の生い立ち

株式会社 桝田工務店
株式会社 Coa建築デザイン事務所
代表取締役 桝田 佳正
一級建築士・一級建築施工管理技士


私は大阪市の阿倍野区で生まれました。
当時住んでいた家は光の入らない、昼間でも電気を常につけていないと生活できないような風通しの悪い、
現在で言うと旗竿地といわれる道路に2m程度しか面しておらず、10m程度奥に入ったところに建つジメジメとした家でした。
私が中学生になったとき明るい家に引越しをしました。この時、家というものが子供ながらに凄いと思いました。
それは、ジメジメした風通しの悪い家と明るい風通しの良い家の違いです。
明るい家に引越しした事で、自分の毎日の気持ちの持ち方や家族の関係に大きな変化が起きました。
これだけ家というものは、人に影響を与えるのかと言う気持ちになった事を覚えています。
父は大工で、私は小学生の頃から、とても建築現場が好きでよく清掃等のお手伝いをしていました。
私の建築人生の始まりは、小学生に始まったとも言えるかもしれません。
その後、大学の建築学科を卒業し、ゼネコンに就職し現場監督として数年過ごしました。
そこでは今考えても、とてもハードな時間であり、建築を学ぶと言う時間でもありました。
毎日帰宅は夜中の2時や3時 家を出て行くのは朝の5時ですから、新聞配達の人と同じ時間から仕事をしていましたね。
毎日の睡眠は2~3時間程度、しかも数ヶ月間休みが一日もないと言ったようなハードな時間を過ごしましたが、
今から考えると非常に良い勉強をさせていただいた期間だと思っています。
しかしこういう追い込まれた中でも物づくりが好きでしたので、苦しさもありますが毎日すごく充実した日々を送り、
建物が完成した時の感動は今でも忘れられません。
それ以降、物づくりの楽しさは年を重ねるごとに強くなってきました。そして桝田工務店に入社し平成14年には、
よりデザイン等にこだわり、家づくりにおいて幅広く提案していく為にコア建築デザイン事務所と言う
設計事務所も設立しました。
そういう中で、桝田工務店の創業者である私の父は、不動産会社の下請けで建売を建てるという仕事をしていました。
当時注文住宅と言うものはほとんどしていませんでした。
私は物づくりをする者としては、この建売住宅のような建物を一生造って私の建築人生を
終えることになるのかと思うとすごく嫌になっていました。
そんな時、私の父が急死してしまったのです。
そこで、これからは自分の好きな仕事である注文住宅だけをやっていこうと決めました。
ただ注文住宅とは一言で言っても、何の実績もない私にそんな注文の家を頼んでくる人もいませんでしたが
一つのご縁により一棟受注し、そこから完成の見学会を当時いた一人の社員と自分たちが手作りで作ったチラシを
6,000枚印刷会社で刷ってもらい、二人で仕事を終えてから夜中にポスティングをしたのです。
そこから何人かの人とご縁があり注文住宅工務店としてスタートしたのです。

そのご縁をいただいたお施主様の中で特に印象に残っている建物があります。
当時ある大手のハウスメーカーとすでに契約をされている方がおられたのですが、一度しか会っていないにもかかわらず、
「ハウスメーカーは解約するので桝田さん頼むよ」と言われました。何年経ってもその時の事は忘れられません。
その当時、地元で実績も全く無かった私を信用していただき、ハウスメーカーに違約金まで支払い
声をかけてくれた、お施主様には今でも本当に感謝しています。その時が私の注文住宅の原点なのです。
私のような信用も無い人間に数千万円も預けていただいた恩は、絶対に完成した建物で返さないといけないと強く思いました。

私は完成した時にお施主様が本当に喜んでくれているか、イメージした建物以上の物が提供できたのかすごく心配でしたが、
ご家族皆さん喜んでいただき、主な業者さんまで呼んで竣工パーティーまで開催してくれました。
私はうれしさと感謝の気持ちで家に帰る途中で涙が止まらなくなりました。
その時に、思った事があります。私を信用して人生をかけた大切な家づくりを任せてくれたのだから何が何でも
お施主様が、イメージしている以上の建物を造らないといけないと強く思いました。
それから、お施主様アンケートを取り、お施主様の満足度を上げる為にこの15年の間努力してきました。
そこで弊社の信念として言っている「100%+αの満足を感じていただきお引渡しをする」と言う事を
この15年間言い続けてきましたが、現在では毎年90%を超える人から総合評価として100点満点以上の評価を
完成時にいただけるようになりました。
ただ私にとってはまだ満足できていません。残り10%の人から100点満点以上いただけていないからです。
これは永遠のテーマですが、いつか実現したいと思っています。
もちろん私たちも完璧ではありません。時にはお叱りを受ける事もありますし、ご迷惑をおかけする事もありますが、
お施主様の大切な家づくりを、共に楽しみながら最後には笑顔でお引渡しをし、一言「桝田工務店に頼んでよかった」と
言っていただく為に、お施主様にとって本当に価値のある家づくりをこれからも目指します。
注文住宅専門工務店として家づくりをするようになって、お引き渡し時によく感動しお施主様と一緒に涙してしまいます。
涙を流せる仕事をさせていただいている事は、本当に幸せだと思っています。こんな仕事は他には絶対無いと思っています。
家づくりと言う仕事を通じ、多くの方の人生の一部に参加させていただき、多くの方とのご縁をいただいている事に本当に感謝です。
これからも多くのご縁から絆に変わるような出会いを楽しみに家づくりをしていきます。

株式会社 桝田工務店
代表取締役 桝田佳正